​反毛から糸をつくる​

反毛から糸をつくる

製品や糸くずを細かくワタの状態にしたコットンを紡績で糸にしていきます。
通常のバージンコットン(収穫されたワタ、海外からコットンワタをベールという塊で買う)ではなく、反毛したワタは繊維長が短いためそれ単体では糸になることは稀である。
当然、バージンコットンとブレンドし強度を持たせたスライバーを作り糸にしていきます。
今までのリサイクルコットンは紡績段階のコーマ工程で落ちたワタを再度投入する方法のことを言っていましたが工場内のリサイクルなのでリユースになると言われています。