生地から製品をつくる​

Button

生地から製品をつくる

ニッティング工場で編立され、染色工場で色を付けてきれいに仕上げたものを今度は製品に仕上げます。
染色工場、もしくは倉庫から出荷された生地は縫製工場へと送られます。
まず、反物に巻き上げられた生地を丁寧に延反し型紙の形にカットされます。これが裁断です。
色別、型別、サイズ別、染色ロット別と区別され、ミシン場でネームや洗濯表示を付け縫製されます。
パターンによって裁断されたものを縫い合わせ製品になったものはアイロンをかけラベルを付けて各アパレルに出荷されます。