top of page

BELDA LLORENS

​Spain

2022.09.01

240511_01.jpg

In the mountains of Spain, about an hour and a half’s drive south of Valencia is a spinning factory. The sun there is painfully strong: strong enough to power the spinning machines of that mountain facility.

そうして海外事業を立ち上げてからちょうど一年。

NY Garment district にあるボタンと針のモニュメント。

今までは黒いボタンだったのが2023年に黄色に新装された。

2020年以降のコロナの流行は世界的に人々の日常を大きく変えた出来事だったけど、この業界にとっても大きな転換点だったと思う。

小さなデザイナーズブランドが大きくあおりを受けたというよりは価格競争の厳しい中価格帯のブランドがどんどん厳しくなっていった。

NY Garment district にあるボタンと針のモニュメント。

今までは黒いボタンだったのが2023年に黄色に新装された。

img.jpg
240511_04.jpg

あれから4年経って、景気は上向き傾向にあるというけどマーケットの様子は様変わりしている。

SOHOでも、サンタモニカのショッピングモールでもUS国内ブランドよりもヨーロッパの中メゾンブランドが目立つ気がした。

こうした時流は確実に僕らサプライヤーにも影響を及ぼしていて、今までは原綿の種類や組織加工で変化を持たせた提案でそれなりに決まってきた。

だけどリモートワーク等で在宅時間が長くなった今、正直ありとあらゆるブランドがカットソー生地を使ったホームウェアを作って市場にあふれている。

$25の中国製のスウェットと$250の日本製のスウェット、品質だけで日本製が手に取られるわけじゃない。

img02.jpg

僕たちが独自の目線で続けてきた開発はこういう時に本領を発揮する。
海外への足掛かりがやっと見えてきた。
2024年は期待できる一年になりそうだ。

日本にとっての物づくりの強豪は何といってもイタリア。

ウールではとても難しいとされれいる白度も写真の通り。

他の色の発色も鮮やかだし、こういうのを見るとどういう技術を使っているのか??

探究心がうずうずするよね。

だけど、ピンチはチャンス。

bottom of page